Search

できる人になりたい、これって危険?・バイトリーダーは反面教師?

なによりも大切なもの、それは交通費全額支給、土日祝日入れます、バイトリーダーです。などとウーマンラッシュアワーという漫才コンビにネタにされていたりするバイトリーダーという存在。バイトのチーフ的な存在に位置し、新入りのバイトに業務を教えたり、バイトと社員の間をとりもったり、シフトの入れるところは率先して入ったり、またシフトまで調整する立場まで上り詰めている人もいるほとで、尊敬されるべき人として語られる一方で、ブラック企業の犠牲者、社員がいないかわりの責任者的位置を任せられることで、自分がいないと店がまわらないと、人一倍働いてくれる存在であり、いいように使われているとマイナスに語られる時もあります。あなたが今まで見てきたバイトリーダーは憧れの対象になりうる人だったでしょうか?思い浮かべてみてください。

バイトリーダーへの階段

もしあなたがバイトリーダーのように店をまかされたい、他のバイトのあこがれになるような存在になりたい、そうなるにはどうするのが近道でしょう。例えば、バイトの経験年数や質によってランクされ時給が決定しているようなところなら、一番上のランクにまでのぼりつめることです。そういう制度がなくても、継続して働き、仕事もでき、店長などの信頼も得ると、自動的にバイトリーダーとなります。年数だけ積んでもバイトリーダーになれるとは限りません。年数だけ在籍に応じて上がって、仕事もできないと、他のバイト仲間からのやっかみや、お局的な存在、腫れ物にさわるような扱いを受けたりするので注意です。もし、厄介ものな存在になってしまったら、それは開き直って、バイトリーダーに対して敬意を払えば、バイトリーダーも尊敬の念をもってシフトや仕事の割り振りをしてれるでしょう。そのために、人間関係を築くことが必要不可欠となります。

バイトリーダーの隠れた苦労

誰でも責任者やリーダー的な存在になったら、格好はいいのですが、その分孤独で人に弱みをみせるのはかっこわるいと思い出すようになります。なので、本当は土日に別の用事があってもバイト優先にして、いつしか他の予定が入れられなくなってしまったり、本当は仕事が辛くて時には休憩をしたり、手加減したいときも、他のバイトがいる手前、いつも強い自分を見せないといけない。タレントの明石家さんまさんは、寝ているところをみたことがないと周りの人は言いますが、いつか破綻するので、要領よくやっていくのがいいのではないでしょうか。

© アルバイトサテライト . All Rights Reserved.