Search
業者

集中力が試される!検品のアルバイト

工場で製品される製品は通常厳しいチェックを通過して出荷されます。万が一不良品が市場に出てしまえば大きな問題にも繋がりかねません。そのため工場で生産された製品に問題が無いかチェックする検品の仕事は生産活動に欠かせないものです。求人情報誌やサイトなどに多数掲載されています。

検品作業にもいくつか種類があります。まずは良品・不良品検品です。これは製品に傷や凹みがないか、形のおかしなものはないかチェックするものです。お菓子や果物の検品に多いです。計量検品は製品の重さを量り、問題が無いかチェックします。製品の種類としては缶詰などの食品から金・銀・宝石など幅広い製品に行われています。作動検品は電化製品などの動作に問題ないか動かしてチェックします。これは電化製品以外にもスマートフォンのアプリを指示通りに使用して不具合を発見する検品もあります。開梱検品は製品を開けて中身の数が正しいかなどをチェックします。チェックして問題なければ製品を再び梱包します。例えば座椅子などの小さな家具を箱から出して不良品が無いかチェックするものです。混入検品は製品にプラスチックなどの異物が混入していないかチェックするものです。食品やペットボトル飲料の検品に多いです。

作業自体は難しいものではありませんが、単純作業が続きます。そのため検品で不良品が出てきたときに見逃さないための集中力と単純作業に耐えられる忍耐力が必要になります。そのために休憩時間は水分を補給したり、お菓子で糖分を補給するなどリラックスして集中力を保つことが必要です。疲れが出てくると忍耐力も無くなってきてしまいます。ユニフォームが支給されない会社の場合は私服での勤務になりますが、動きやすい服やサイズの合った靴を選ぶなど疲れを溜めないように気を配りましょう。検品作業は目を使う仕事です。日ごろから目に負担をかけないように深夜までスマホを使用したり、暗い部屋でテレビを見続けないようにするなど目に悪いことは控えて休ませるようにしましょう。

作業自体は単純作業で難しいものではありませんが、製品の安全を保つには必要な責任のある仕事です。検品作業が行われないと安定した品質を維持できなくなります。そのように考えると非常にやりがいのある仕事であり、モチベーションも高まります。

© アルバイトサテライト . All Rights Reserved.